施工管理の仕事って?メリットとデメリットを知ろう


施工管理の仕事とは?

施工管理の主な仕事は、工事現場の作業が円滑に進むよう工事現場の管理を行う役割を担います。そのため、施工管理は現場に赴き現状を把握したり指示するのはもちろんデスクワークの業務もあります。工事と言っても、電気や土木などさまざまな種類があるため作業に特化した施工管理が必要です。現場に関する予算や役所に必要な手続きも行うことから、幅広い仕事内容が求められます。

しかし、求められる仕事の内容はシンプルにまとめると4つです。1つ目は現場で働く人の安全を管理する安全管理となります。2つ目は、納期通りに作業するためのスケジュール管理を行う工程管理です。3つ目は、必要な資材を用意し適切な品質の物か管理する品質管理も含まれます。4つ目は、予算に収まるようコストを管理する原価管理です。

メリットとデメリット

施工管理の仕事をするうえでのメリットは、高収入という点です。経験年数や会社によってばらつきはありますが、平均年収が約450万円と言われています。中には、平均年収が650万円という人もいるほどです。これは、日本人の平均年収が約430万円であることから高いほうになります。資格取得やキャリアアップ次第では、さらに伸びる可能性もあることから年収が高い職業といえます。
逆に、デメリットは残業や休日出勤が多いことです。納期が大切な建設業ですが、天候や機械トラブルなどにより遅れが発生することがあります、そのような事態になると、休みを返上してでも作業をしなくてはいけません。

プラントとは石油、製鉄等様々なものを生産するための工場設備や生産設備全般のことを言います。プラントエンジニアリングは顧客の注文に応じこれらのプラントの企画、設計、建設をし、保守管理を行う仕事です。